超短編小説 トモコとマリコ

超短編小説を中心とした短い読み物を発表しています。

2024-01-01から1年間の記事一覧

気になっているお客さんがレジに香典袋を置いたので、「誰が死んだんですか?」と訊いてしまう。

夫が娘の墓石のサイズを測ってきてくれたので、冬が来る前に、墓石に着せるセーターを編む。

研修

新人研修室から、人間の魂に見立てた風船が割れる音が聞こえてくる。

ボタン

血のついた服を洗濯機に入れる際は、「ごめんね」ボタンを押してください。

刑務所の面会室のアクリル板越しに、娘が砂浜で拾った貝殻の音を聞こうとしている。

光る

寂しいとへそが光る体質なので、一人の夜はへそをガムテープで塞いでいる。

弟の幽霊が、ポテトチップスを食べた後の指を舐める私を、睨んでいた。

夏の空から聞こえてくる、入道雲が脱皮する静かな音に、時々風鈴の音が混じる。

夕日

孤独な老婆が、沈んでいく夕日に向かって、もう少しゆっくりしていきなさいよ、と声をかけている。

近所の焼き肉屋に、自分のことを豚だと信じていた牛の肉が入ったらしい。

撤去

前かごに「遺書」と書かれた封筒が入っていた放置自転車が撤去され、封筒だけがそこに残った。

店主

鏡屋の店主は人の動きを真似するのが好きだ。

包み紙

娘が好きだったキャンディーの包み紙で娘の遺骨を包むが、尖っている部分があって包み紙を破ってしまう。

愛されている蛇口だから、出てくる水がいつもちょっとぬるい。

不景気

不景気の影響なのか、明日降る雨も無味らしい。

孤独

「強」のボタンを押したら強い風を吹かせ始めた扇風機を、孤独な老婆が、「いい子だね~!」と言いながら撫で回している。

伴侶

あの日の理科の授業で作った伴侶と今も一緒にいる人は俺だけだと、同窓会で知った。

夕日

今日も夕方の時間が近づいてきたので、夕日が河原の道をぼよんぼよんと跳ねながら、地平線へ急いでいる。

ので

寂しくなるのでここに赤ん坊を捨てないでください。

密売人

雲の密売人たちが夜のアジトで、互いの背中の翼をマッサージし合っている。

母の顔を見てやってください、と、葬儀の参列者に、虫眼鏡を配る。

日時計

母の位牌はとりあえず日時計として使っているが、父の位牌の使い途が考えつかない。

駆除

詩人の駆除が行われた翌朝の街に無数のペンが落ちている。

たて

墓参りに行ったら、墓地の隅にある墓石に「死にたて」の紙が貼られていた。

夕方、地面に伸びる自身の影を見つめながら、地球の夕日は正直ね、と異星人の友人がつぶやく。

あんよ

夜道に、油性ペンで「あんよ」と書かれた人形の腕が落ちている。

トンボ

頭頂部のアンテナの先にトンボがとまっていたせいで、お坊さんは死んだ人の声を受信できなかった。

許す

彼の家に彼の浮気相手が落としていく髪の毛は、私が飼っている虫の餌になるから、彼の浮気を許している。

ペン

蝶に生まれ変わったが、やっぱり私は詩を書きたいので、ペンを持ち上げようとするが、重すぎる。

缶ビール

泥棒しに入った家の冷蔵庫に「泥棒へ」と書かれた缶ビールが冷えていた。