トモコとマリコ

超短編を中心とした短い読み物を発表しています。

べに

 俺のへそから点々と続く血痕を辿っていくと、今朝から妙に機嫌のよい妻の唇に行き着いた。