読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トモコとマリコ

超短編を中心とした短い読み物を発表しています。隔週土曜日更新。

月と葡萄

マリコからきいた話

今日が終わり、
今日がまた来る。

ふと見上げた夜空には
満月がいくつもいくつも浮かんで
まるで葡萄の房のようだ。

また少し狭くなったベッドの中で
私が私の指に指を絡ませてくる。

また少し明るくなった月明かりから逃れるように
私が私の手から毛布を奪う。

広告を非表示にする

月になる

どこかできいた話

夜中にこっそりベッドを抜け出し、
夜空に寝そべり、
黄色い毛布をすっぽりかぶり、
満月のマネをしてふざけていた姉は、
やがて夜の闇に少しずつかじられて、
半月になり三日月になり、
とうとう跡形もなく消えてしまった。

次の日の朝、病院の人は、
誰もいないベッドのシーツを換えながら、
「たまにあるんだ、こういうこと」
とため息をついていた。

ラバーズ

トモコからきいた話

さよなら、
愛しているよ。

真っ二つに切られる直前、
トマトは確かにそう叫んだ。
べとべとになった手を洗い、
冷蔵庫を開けると、
レタスときゅうりが
ほのかに赤く色づいていた。

野菜室の中で何があったか知らないが、
今日の夕方こいつらを八百屋で買ったとき、
店のオヤジがほっとしたような顔をしていたのを
ふと思い出した。

いつもより少しイライラしながら
一人分のサラダを作り、
念入りに噛み砕く。
早くうんこになってくれないかなと、
思っている。

広告を非表示にする

猫と列車

トモコからきいた話

満員電車に揺られていたら、
どこかから子猫の鳴き声が聞こえてきた。
乗客がざわざわしながら辺りを見回しているが、
どうも私の足元に声の主がいるらしい。
そっと下を見てみると、
靴下にプリントされた猫が子猫を2匹も生んでいた。

白と灰色のまざった子猫が2匹、
右の靴下には白い猫、
左の靴下には灰色の猫。

どうやら昨日の洗濯の時、
違う靴下同士を組み合わせてしまったらしい。

ますます大きく鳴き始めた子猫たちの声を聞きながら、
自宅の方で生まれた子猫たちのことと、
アパートの管理人への言い訳を考えて、
朝から少し憂鬱になった。

どこかできいた話

公園の藤棚の鳥の巣に、
給食のパンをちぎってあげていたら、
立派な服を着た人たちが空の上からおりてきて、
「巣の中に巣があるわね」と笑いながら、
僕にパンを投げて寄越した。

僕は力なく笑いながら、
パンについた砂を払った。

広告を非表示にする