トモコとマリコ

超短編を中心とした短い読み物を発表しています。

黒い塊と監察医

 解剖室の天井から吊られた裸電球の周りを、もやもやした黒い塊が飛び回っていた。若い監察医助手はメスを握ったままの手を止め、老監察医に尋ねた。
「怖くないんですか?」
 老監察医
「慣れたね」
 とつぶやき、死体の頭を軽く小突いた。黒い塊がふっと消えた。

 若い監察医助手が脳裏に“辞表”という言葉を浮かべた瞬間、老監察医は肩をすくめ、
「どこも一緒だよ」
 と笑った。
広告を非表示にする