超短編小説 トモコとマリコ

超短編小説を中心とした短い読み物を発表しています。

忘れ物

 公衆便所の個室に、首吊り縄の忘れ物があったので、何となく手にとり、ほどいていたら、突然、個室に鋭いノックの音が響く。