トモコとマリコ

超短編小説を中心とした短い読み物を発表しています。

 ラの音を聴くたび、あの日白鍵に這っていた蟻を潰して殺したことを思い出す。