超短編小説 トモコとマリコ

超短編小説を中心とした短い読み物を発表しています。

林檎

 大きくあくびをした嫁の喉の奥から、象の鼻がにょろりと飛び出た。嫁は慌てて口をおさえていたが、もう遅い。見てしまった。いつからなんだろう。まさか、この林檎農家に嫁いできた時にはもう既に?