トモコとマリコ

超短編小説を中心とした短い読み物を発表しています。

パンフレット

 母の葬儀についての説明を葬儀屋から聞いている時、葬儀屋が持ってきた資料の中に、「広げよう おばけの輪」と題されたパンフレットがあり、これは何かと尋ねたら、葬儀屋は苦笑いして、「何度捨てても混じってるんです」と言いながらパンフレットをくしゃくしゃに丸めた。

ザンパンのお姉さん

 台所に知らない女の人が立っていた。顔がなくて、顔の部分には大きな空洞が開いており、中はどこまでも闇だった。「ザンパンのお姉さんよ」母が言った。調理や食事で出た残飯を、お姉さんの顔に投げ込むのだという。十五歳の夏、ぼくの初体験の相手は、このお姉さんだった。