トモコとマリコ

超短編を中心とした短い読み物を発表しています。

 海へかえっていく母の姿を見たとき、初めて母の鱗を美しいと思った。