トモコとマリコ

超短編を中心とした短い読み物を発表しています。

 この前、学生時代の友人に、街で偶然再会した。
 色とりどりのペンキで汚れた軽トラの荷台に腰かけ、空を眺めて缶コーヒーを飲んでいた。
 学校を出てからずっとふらふらしていた奴だが、ようやく仕事を見つけたらしい。
「今何してるんだ?」と尋ねると彼は、
「おせっかいみたいなもんだよ」と答えた。

 そんなことを思い出していたら、いつの間にか雨が止んでいた。
 窓の外には虹が架かっていた。
 しかし、その虹は少しいびつな形をしていた。

 そういえば、美術の成績はいつも「1」だった奴である。
 彼に電話をかけてみたが、電波の届かない場所にいるとのことだった。