トモコとマリコ

超短編を中心とした短い読み物を発表しています。

ヒーロー

 人のいなくなった昼休みの工事現場で、腕に注射器を刺した無人のショベルカーが、黙々と働き続けていた。

広告を非表示にする