トモコとマリコ

超短編を中心とした短い読み物を発表しています。

あつい、あつい

 「あつい、あつい」
 とつぶやきながら、私の耳の穴の中から何かが出てこようとしている。