トモコとマリコ

超短編を中心とした短い読み物を発表しています。

日焼け

 海辺の町の小さな児童公園で、地元の子どもたちに混じって、真っ黒に日焼けしたミロのヴィーナスの両腕がトンボ捕りに興じている。
 いやぁ、楽しそうで何よりだ。

 両腕は突然この町に現れた。
 漁船の網に引っかかったのか、のんびりと海流に乗ってここまで流れ着いたのかはわからないが、港をウロウロしているところを漁師が見つけ、保護されたのだ。
 はじめはお互いに戸惑っていたが、どうやら悪い奴ではないということが徐々にわかり、今ではすっかり町の住人の一員になっている。
 特に子どもたちとは仲が良いようだ。

 そういえば、うちの娘の話によると、両腕は最近ひらがなを勉強し始めたらしい。
 ルーブルにいる胴の方に会いに行く気はないのかな、と常々思っていたが、どうやら丸っきりないらしい。
 まぁ、楽しそうで何よりだ。