トモコとマリコ

超短編を中心とした短い読み物を発表しています。

 縁側でスイカを食べていた時、庭にプッと種を吐き出したら、地面に華麗に着地して、そのままスタスタと歩き去っていった。

広告を非表示にする