トモコとマリコ

超短編を中心とした短い読み物を発表しています。

鍋とラード

 夕日を遮るたくさんの影の中から、笑い声が聞こえる。
 ラジオから流れる夕暮の歌の中で、私はうつむいて立ち尽くしている。
 夕日のほとりのドブ川に、すえたワインのにおいが立ち込めている。
 ラードで地面に描かれた輪の中で吐き気をこらえる私を見て、チーズ臭い笑い声が爆ぜるように響き渡る。

 冷蔵庫の奥の小さな町で、ふと気づけば迷子になっていた。
 レモンの角を曲がり、メロンの皮をよじ登り、豚肉の切れ端の無言のいななきに怯えながらさまよい歩いているうちに、帰り道がわからなくなっていた。

 人間のような、そうでないもののような、その寄せ集めのような影たちがちらほらと現れて、広場の隅に立ち尽くす私を取り囲んだ。
 ニヤニヤ笑って彼らは、私を遊びに誘ってきた。
 広場の真ん中の鍋の中で、スープがぐつぐつと煮え立っていた。

 ラードで地面に描かれた輪の中で吐き気をこらえる私を見て、チーズ臭い笑い声が爆ぜるように響き渡る。
 あなたの負けよ。
 いつの間にか夕日は沈み、厚ぼったい夜空に黴のような星が瞬いている。
 足元に気をつけてね。
 いちばん幼い少女らしき影はそう言ってコーンの瞳を輝かせながら、私の手を取り鍋へと導いていく。

広告を非表示にする