トモコとマリコ

超短編を中心とした短い読み物を発表しています。

三日月と旅立ち

 宿題を片付けながら、ふと窓の外を見ると、夜空に三日月が浮かんでいた。

 しばらく眺めていたら、三日月の先っぽに何かがひらひら、はためいているのが見えた。目をこらすとそれは、昨日隣のクラスの渡辺君に貸した、僕の体操着だった。

 

 そういえば今日渡辺君は、学校を休んだらしい。きっと明日も明後日も、ずっと学校には来ないんだろうな。

広告を非表示にする