トモコとマリコ

超短編を中心とした短い読み物を発表しています。

歯車と太陽

 あまりに暑い日が続いたので、絵日記に描いた太陽も、溶けかけていた。爪の先で太陽をカリカリ剥がすと、中の歯車が剥き出しになった。歯車はしんとして動かなかった。中で鼠が一匹、挟まって死んでいた。

広告を非表示にする